Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

Pancreatic Tumor Markers

cancer therapy

ad

膵臓腫瘍マーカ 

腫瘍マーカは治療の効果の判断に使用される。

Tumor markers are used for determining the effect of the treatment.

 

Keywords

αフェトプロテイン  alpha-fetoprotein;

ガラクトシルトランスフェラーゼII  galactosyl transferase II;

癌胎児性抗原  carcinoembryonic antigen (CEA);

感度 ... 感度は疾患のある人のうち検査結果が陽性 とな った人の割合(真陽性率)  sensitivity;

シアル化ルイスA抗原  sialylated Lewis A antigen;

腫瘍マーカ  tumor marker;

特異度 ... 特異度は疾 患 のない人のうち検査結果が陰性となった人 の割合(真陰性率)  specificity;

分画レベル  cutoff level

****

腫瘍マーカは腫瘍組織から分泌され、血流に放出される物質である。患者の血清から腫瘍マーカが検出されると、患者に腫瘍がある可能性がある。

Tumor markers are substances that are released into the blood circulation by tumor tissues.  When tumor markers are detected from the serum of the patients, they are likely to have tumors.

 

しかし、腫瘍マーカの臨床的な使用は限定的である。

However, clinical use of tumor markers is limited.

f:id:tpspi:20161225165504g:plain

 credit:  Lewis A, Funakoshi

CA-19-9はシアル化ルイスA抗原で消化管などの細胞にごくわずかに存在しており、腫瘍ができると急に増加し、血流に乗る。

CA-19-9 is sialylated Lewis A antigen that is present in digestive organs and so forth in an extremely small quantity.  This tumor marker has been widely used for pancreatic cancers.  If tumors occur in the pancreas, the antigen rapidly increases and enters the blood stream. 

 

最も一般的なCA-19-9の分画レベルは37 U/mLであり、感度は81から85%、特異度は81から90%である。CA-19-9のレベルが1000 U/mLを超えると、切除不能な膵臓癌と判定される。

The cutoff level of CA-19-9 for pancreatic cancers is most commonly 37 U/mL.  While the sensitivity of this tumor marker ranges from 81 to 85%, its specificity ranges from 81 to 90%.  When the level of CA-19-9 exceeds 1000 U/mL, the patients are likely to have contracted unresectable pancreatic cancers. 

 

腫瘍マーカは組織検査の代替としては使用できず、治療の効果の判断に使用される。

Tumor markers are not substituted for a histologic diagnosis, but for determining the effect of the treatment.

 

この他の膵臓腫瘍マーカとして癌胎児性抗原、αフェトプロテイン、CA125、及びガラクトシルトランスフェラーゼIIがある。

There are also other pancreatic tumor markers: carcinoembryonic antigen (CEA), alpha-fetoprotein, CA125, and galactosyl transferase II.