Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

Influenza-Associated Pneumonia, RSV, Avian Influenza, and SARS

ad

インフルエンザ性肺炎、RSV、鳥インフルエンザ、SARS

Keywords

院内感染  nosocomial infection;

インフルエンザ性肺炎  influenza-associated pneumonia;

下気道  lower respiratory tract;

呼吸器感染  respiratory infection;

呼吸器合胞体ウイルス ... 成人には軽度の呼吸器感染症を起こすだけだが, 子供(特に幼児)には気管支肺炎や細気管支炎の原因となる  respiratory syncytial virus (RSV);

コロナウイルス  coronavirus;

重症急性呼吸器症候群  severe acute respiratory syndrome (SARS);

潜伏期間  incubation period;

対処療法  symptomatic treatment;

鳥インフルエンザ  avian influenza;

パラインフルエンザ ... ヒト・牛・馬・豚などに呼吸疾患を起こす  parainfluenza

f:id:tpspi:20161216162044g:plain

インフルエンザ性肺炎

Influenza-Associated Pneumonia

 

持病のある患者や介護施設入所者で特に適切なワクチン接種をしていない患者では呼吸器感染の鑑別診断においてはインフルエンザ性肺炎を考慮する必要がある。

Patients with underlying disease and residents of care facilities are likely to be diagnosed to contract influenza-associated pneumonia in the differential diagnosis of respiratory infections during the epidemic season unless they have not had administration of influenza vaccine.

 

RSV

呼吸器合胞体ウイルス(RSV)やパラインフルエンザウイルスはこれまで主に小児に多く感染する疾患だと考えられていたが、冬にはこれらの病原体は成人の下気道感染を引き起こしている。

Although respiratory syncytial virus (RSV) and parainfluenza viruses were formerly considered mainly infections of small children, these pathogens can contract serious lower respiratory tract infections in adults in winter.

 

幼児期のRSV感染に対する免疫は生涯有効ではなく、老齢になると免疫適格、免疫障害のいずれにおいても再感染の可能性がある。

Immunity to RSV infection acquired in childhood does not last for a lifetime.  Instead, when the patients are aged, the infections can recur regardless of they are immune-competent or immune-impaired.

 

RSVは高齢者や慢性循環器疾患患者のほとんどの感染病による死亡に関係している。

RSV is associated with most infectious deaths in elderly people and in patients with chronic cardiopulmonary disease.

 

新種のインフルエンザ

Novel Influenza

 

新種のインフルエンザ感染にも注意が必要である。

Novel influenza infections must also be focused. 

 

通常の季節性インフルエンザは冬に流行するが、新種のインフルエンザ・ウイルスは季節性インフルエンザの流行には追従しない。

Seasonal influenza is prevalent in winter; however, novel influenza does not follow that.

 

2009年の春と夏に流行した豚インフルエンザ(H1N1)はメキシコで流行した後、急速に全世界に広まった。

H1N1 (swine) influenza virus occurred epidemically in Mexico and then rapidly prevailed all over the world.

 

H1N1感染患者の症状として発熱、頭痛、咳、倦怠感、及び筋肉痛がある。

Patients with H1N1 infection have symptoms including fever, headaches, cough, malaise, and myalgias.

 

H1N1感染患者の症状はほとんどの場合、軽度で自然に治癒するが、乳児、幼児、及び若年者では長期の入院や死亡する可能性が高い。妊婦や小児で免疫不全患者では危険性が増加する。

Although symptoms of most patients with H1N1 infection are mild or self-healing, infants, children, and young adults are likely to be predisposed to prolonged hospital stay or death.  If the patients are pregnant or young and are immunosuppressed, they are at increased risk.

 

Avian Influenza

鳥インフルエンザ

 

鳥インフルエンザA(H5N1)は野鳥に感染し、H5N1ウイルスを拡散させるが、病状は通常は重くはない。

Avian influenza A is a viral disease of wild birds that carry the H5N1 virus and the disease is usually not serious. 

 

しかし、鳥インフルエンザは非常に感染力が高く、家禽の致死性が高い。

Avian influenza is very contagious.  If domesticated birds are infected with it, they are fatal. 

 

人間はH5N1ウイルスの免疫を持たないが、鳥インフルエンザの感染は稀である。しかし、これまで感染した鳥と接触することにより人間での大流行が発生している。

Viral transmission to humans has been relatively small although they do not have immunity against the virus.  However, so far, outbreaks have arisen in humans due to contact with infected birds.

 

SARS

SARS(重症急性呼吸器症候群)は2002年に中国の広東省で最初に発見された致死性の肺炎であり、その後中国人が多く住む外国の地域で大流行した。

SARS (severe acute respiratory syndrome) is a fatal pneumonia that was first detected in the Guangdong Province of China in late 2002.  After that, outbreaks occurred in many Chinese communities in other countries. 

 

SARSでは、患者は新型のコロナウイルスにより感染し、潜伏期間は2から10日である。

In SARS, patients are infected with a new type of coronavirus.  After infection, there is an incubation period of 2 to 10 days.

 

SARSの最初の感染源は不明である。

The initial source of the infection of SARS remains unknown.

 

世界的に見て、SARSは院内感染の傾向があり、医療従事者が感染者の大きな割合を占めている。

In the world, SARS tends to be a nosocomial infection.  Health care workers occupy a large part of the infected patients. 

 

SARSを発症すると、患者には発熱、悪寒、頭痛、咳、倦怠感、及び筋肉痛が現れる。肺炎はX線で確認することが出来る。

Patients with SARS have symptoms including fever, chills, headache, cough, malaise, and dyspnea.  Pneumonia can be confirmed by radiography.

 

多くの患者において上気道には症状が出なく、粘液や血液を含まない水様下痢症が現れる。

Although upper airway symptoms rarely occur in the patients, they may have watery diarrhea without mucus or blood.

 

SARSは感染者が吐き出した飛沫により感染する。

SARS is mainly transmitted by droplets expelled by the patients.

 

現在、SARSに有効な抗ウイルス薬は開発されていないため、治療には対処療法を行わなければならない。

Since no antiviral drugs effective for SARS have been developed, SARS patients should be symptomatically treated.

 

SARSによる肺炎は3週間で通常自然治癒する。

SARS pneumonia commonly self-heals in three weeks.

 

しかし、SARSの推定致死率は約10%である。

However, the estimated mortality rate of SARS patients is approximately 10%.