Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

Radio Frequency Ablation for Supraventricular Arrhythmias and Ventricular Tachicardias

ad

上室性不整脈と心室性頻脈のための高周波アブレーション

高周波アブレーションは訓練を積んだ専門の医師が行わなければならない。合併症で死に至るおそれがある。

Radio frequency ablation should be performed by a trained professional doctor.  Otherwise, the patient is likely to have a fatal complication.

 

Keywords

イソプロテレノール ... 交感神経興奮薬。徐脈、房室ブロック、気管支喘息の治療に用いられる  isoproterenol;

植込み型除細動器  implantable cardioverter-defibrillator;

ウォルフ・パーキンソン・ホワイト症候群 ... 心房から心室への興奮伝達が通常より速まり, 心電図に独特の波形が現われる。 頻脈発作を伴うことが多い  Wolff-Parkinson-White syndrome;

カテーテル・アブレーション  catheter ablation;

冠状動脈疾患  coronary artery disease (CAD);

血栓塞栓症  thromboembolism;

恒久型ペースメーカ  permanent pacemaker;

最後の手段  last resort;

三尖弁輪  tricuspid annulus;

第3度房室ブロック ... 完全心臓ブロック  third-degree AV block;

下大静脈  inferior vena cava;

上室性頻脈  supraventricular tachycardia (SVT);

静脈薬剤投与  intravenous medication;

心筋穿孔  myocardial perforation;

心室性頻脈  ventricular tachycardia (VT);

心室拍動数  ventricular rate;

心臓タンポナーデ ... 心嚢内に血液が異常に充満して起こる危険な心臓圧迫状態  cardiac tamponade;

心房食道瘻  atrioesophageal fistula;

心房粗動  atrial flutter;

心房補充速度  atrial escape rate;

中隔副伝導路  septal accessory pathway;

凍結凝固療法 ... 極度に冷却して組織を破壊して除去する療法  cryoablation;

洞性頻脈  sinus tachycardia;

特発性の  idiopathic;

副伝導路  accessory pathway;

房室結節  atrioventricular node;

発作性の  paroxysmal;

薬剤難治性の  drug-refractory

 

カテーテルを使用した高周波アブレーション

Radio Frequency Catheter Ablation

 

上室性頻脈や心室性頻脈の治療には患者は長期の薬剤服用又は根治手術を受けなければなりません。高周波アブレーションはカテーテルから患部に高周波エネルギー放出して難治性の不整脈疾患の症状を恒久的に軽減する経皮的治療法です。

To treat supraventricular tachycardia and ventricular tachycardia, patients need to take long-term medications for suppression or undertake surgery for cure.  On the other hand, radio frequency ablation is a percutaneous catheter procedure that can permanently eliminate symptoms of these arrhythmic diseases. 

 

 

f:id:tpspi:20161207153425g:plain

credit:  Radio frequency ablation, Boston Scientific

 

カテーテルの先端からから高周波エネルギーが不整脈を起こしている組織に放出されます。

Radio frequency energy is delivered from the tip of the catheter to the arrhythmic site of the heart.

 

高周波エネルギーにより組織が抵抗加熱されます。温度が50℃を超えると不可逆的組織破壊が起こります。

The radio frequency energy resistively heats the tissue.  When the temperature of the tissue exceeds 50°C, tissue destruction irreversibly occurs.

準備

Preparations

 

様々なペーシング方法及び/又はや静脈薬剤投与(イソプロテレノールなど)を行い患者に不整脈を引き起こし頻脈発症のメカニズムを判定します。

With various pacing techniques and/or intravenous medication (such as isoproterenol), the patient is caused to induce arrhythmia and determine the mechanism of the tachycardia.

 

上室性不整脈の高周波アブレーション

Radio Frequency Ablation of Supraventricular Arrhythmias

 

房室結節再入性頻脈は最も一般的な発作性上室性頻脈で、再入力回路の遅い部位を高周波アブレーションを行うことにより低減させることが出来ます。

Atrioventricular nodal re-entrant tachycardia is the most common type of paroxysmal supraventricular tachycardia.  Atrioventricular nodal re-entrant tachycardia can be eliminated by radio frequency ablation of the slow” portion of the re-entry circuit.

 

経験を積んだ専門の医師による遅伝導路の高周波アブレーションの成功率は98%で、高次房室ブロックのリスクは1%未満です。

When radio frequency ablation is performed by a trained professional doctor, the success rate of radio frequency ablation for slow pathway is 98% and the risk of high-degree atrioventricular block is less than 1%.

 

高周波アブレーションの代替療法として、凍結凝固療法があります。凍結凝固療法では房室ブロックが起こるリスクは低い反面、長期の成功率も低くなっています。

Instead of radio frequency ablation, cryoablation can be used.  Although the risk for atrioventricular block is low, the long-term success rate is low.

 

凍結凝固療法は房室ブロックが起こるリスクが高い小児等の患者に効果があります。

Cryoablation can be effectively used for patients such as infants who have a higher risk for atrioventricular block.

副伝導路に対する高周波アブレーションの成功率は90から98%で、合併症発症率は2から3%です。

While the success rate of radio frequency ablation for accessory pathway is 90 to 98%, the complication rate is 2 to 3 %.

 

致死的な合併症発症率は0.1%未満です。

The fatal complication rate is less than 0.1%.

 

非致死的で重大な合併症としてカテーテルによる心臓穿孔による心臓タンポナーデが最も一般的です。患者に中隔副伝導路のある場合は、高次房室ブロックが最も一般的です。

The most common nonfatal serious complications are cardiac tamponade due to heart perforation by the catheter and high-degree atrioventricular block in patients with a septal accessory pathway.

 

凍結凝固療法は房室ブロックが起こるリスクが低く、房室ノード近辺の副伝導路の除去に有効です。

Cryoablation is effectively used to ablate accessory pathways near the atrioventricular node with a lower risk for atrioventricular block.

 

心房頻脈が1つのサイトで発生している場合は、高周波アブレーションの成功率は約90%で、合併症の発症率は非常に低くなります。

If atrial tachycardia occurs only at one site, the success rate of radio frequency ablation is approximately 90% and the complication rate is very low. 

  

心房粗動は右心房で起こり、三尖弁輪と下大静脈間の右心房下部の狭窄部に高周波焼アブレーションを行うことにより軽減することが出来ます。

Atrial flutter occurs in the right atrium.  A narrow portion that arises in the low right atrium between the tricuspid annulus and the inferior vena cava arrhythmia can be eliminated by radio frequency ablation.

 

この種の不整脈に対する高周波アブレーションの成功率は90%以上で、重大な合併症のリスクは1%未満です。

While the success rate of radio frequency ablation for this type of arrhythmia is greater than 90%, the risk for a serious complication is less than 1%.

高周波アブレーションは薬剤難治性の心房細動患者の症状を軽減することが出来ます。

Radio frequency ablation can effectively eliminate atrial fibrillation for patients with drug-refractory atrial fibrillation.

 

高周波アブレーションの1年間の有効性は発作性心房細動では75から85%で、慢性の心房細動では65から75%です。

The one-year effectiveness of radio frequency ablation ranges from 75 to 85% for paroxysmal atrial fibrillation and from 65 to 75% for chronic atrial fibrillation.

 

最も重大な合併症は心筋穿孔、血栓塞栓症、及び心房食道瘻で、これら合併症にかかるリスクは患者の1から2%です。

The most serious complications of radio frequency ablation include myocardial perforation, thromboembolism, and atrioesophageal fistula.  Their risk for patients is about 1 to 2%.

 

高周波アブレーションの重大な合併症として肺静脈狭窄が起こることがあります。高周波エネルギーが肺静脈に当たらないようにして防止します。

Radio frequency ablation is likely to cause pulmonary vein stenosis as a serious complication. To prevent this complication, the pulmonary veins should be free of radio frequency energy.

難治性心房細動患者の心室拍動を下げることが出来ないときは、房室結節に高周波アブレーションを行います。これにより症状、機能的能力、及び左心房機能が改善します。

When the ventricular rate of patients with refractory atrial fibrillation cannot be pharmaceutically reduced, radio frequency ablation can be used for the atrioventricular node to improve symptoms, functional capacity, and left ventricular function.

 

房室結節に高周波アブレーションを行うと、第3度の房室ブロック(完全房室ブロック)が必然的に起こります。成功率は100%ですが、患者は恒久型ペースメーカの移植が必要になります。

When radio frequency ablation is performed for the AV node, the third-degree AV block inevitably occurs.  Although the success rate is 100%, all patients need to implant a permanent pacemaker.

難治性の洞性頻脈も高周波アブレーションで治療可能ですが、この方法は最後の手段として推奨されます。

Although refractory sinus tachycardia may be treated with radio frequency ablation, it is recommended as a last resort.

 

洞性頻脈の高周波アブレーションの成功率は80%ですが、患者の10%は不適当な心房補充速度のためペースメーカが必要です。

The success rate of radio frequency ablation for sinus tachycardia is 80%; however, 10% of patients need to have a permanent pacemaker because atrial escape rate becomes inadequate.

 

リスクとメリットを勘案すると、高周波アブレーションは発作性上室性頻拍、ウォルフ・パーキンソン・ホワイト症候群、又は症状のあるタイプI心房粗動患者の一次治療に適しています。

In risk-benefit assessment, radio frequency ablation is a first-line treatment for patients with paroxysmal supraventricular tachycardia, Wolff-Parkinson-White syndrome, or type I atrial flutter.

 

心房粗動や洞性頻脈で薬剤難治性で症状の重い患者にのみ高周波アブレーションを行うことが出来ます。

Radio frequency ablation can be performed only for drug-refractory and severely symptomatic patients with atrial flutter and sinus tachycardia.

心室性頻脈のための高周波アブレーション

Radio Frequency Ablation of Ventricular Tachycardia

 

突発性心房性頻脈を発症した患者に対して一次治療法として高周波アブレーションを行うことが出来ます。

Radio frequency ablation can be performed for patients with idiopathic ventricular tachycardia as a first-line treatment.

 

突発性心房性頻脈は一般的には右心室の出口に起こります。

Idiopathic ventricular tachycardia commonly occurs in the exit of the right ventricle.

 

心室性頻脈に対する高周波アブレーションの成功率は85から100%であるのに対して、合併症の発症率は非常に低くなっています。

Although the success rate of radio frequency ablation for ventricular tachycardia is as high as 85 to 100%, the complication rate is very low. 

 

冠状動脈疾患にかかると、心室性頻脈は通常、左心室の狭窄部に隣接した組織に起こります。

If individuals have coronary artery disease, ventricular tachycardia usually occurs in a tissue adjacent to previous infarction in the left ventricle.

 

この疾病のプロセスは限局的ではなく拡散的であるため,心室性頻脈は複数の部位から発生しているため、高周波アブレーションで心室性頻脈を治療することは出来ません。

Since the disease progresses diffusely, not focally, ventricular tachycardia may occur at multiple sites.  As a result, radio frequency ablation cannot treat patients with coronary artery disease who have ventricular tachycardia.

 

高周波アブレーションは植込み型除細動器又は抗不整脈薬療法の補助として使用されています。

Radio frequency ablation has been used as adjunctive therapy with an implantable cardioverter-defibrillator or with antiarrhythmic drug therapy.

 

冠状動脈疾患において、心室性頻脈の高周波アブレーションの成功率は65から95%に対して、重大な合併症発生率は約5%と低くなっています。

Although the success rate of radio frequency ablation for patients with coronary artery disease who has ventricular tachycardia ranges from 65 to 95%, the serious complication rate is as low as about 5%.