Implantable Cardioverter-Defibrillators and Programming

ad

植込み型除細動器とプログラミング 

Keywords

脚ブロック ... 房室束脚の伝導障害のため, 心室末梢に興奮が伝導されない状態 (bundle branch block);

移植手術  (implantation surgery);

植込み型除細動器  (implantable cardioverter-defibrillator);

上大静脈  (superior vena cava);

右心室尖部  (right ventricular apex);

冠状静脈洞  (coronary sinus);

鎖骨下の  (infraclavicular);

心室細動  (ventricular fibrillation (VF));

心室性頻脈 ... 心室内に起因し, 房室運動不調を伴う  (ventricular tachycardia (VT));

段階的療法 ... 症状に応じて強度を高くすることが出来る  (tiered-therapy);

動悸  (palpitation);

不整脈  (arrhythmia);

両室型の  (biventricular)

****

 

植込み型除細動器のパルス発生器とリード

ICD Pulse Generators and Leads

 

植込み型除細動器(ICD)は大手術を行うこと無く患者の胸部の皮下に移植される電気機器で、命にかかわる不整脈を治療します。

Implantable cardioverter-defibrillators (ICDs) are electronic devices that are implanted beneath the skin of the chest of the patient without major surgery to treat life-threatening arrhythmias.

 

ICDは重度の心室性不整脈を検出して停止させ、突然死のリスクが高い患者に正常な心拍数に戻します。

ICDs can detect and stop ventricular arrhythmias and restore a normal heartbeat for patients to prevent sudden death.

 

 

f:id:tpspi:20161203135722g:plain

credit:  ICD, Boston Scientific

現在使用されているICDは60グラムと軽量で、複数のモードがプログラム可能です。不整脈検出アルゴリズムの改良により、抗頻脈ペーシングと抗徐脈ペーシング(ジュアルチャンバーを含む)が可能で、1から42J以下の強度で2相のショックを与え、不整脈時の心臓の動きを記録することが出来ます。

To date, ICDs are very light (about 60 grams) and have multiprogrammable modes and advanced detection algorithms.  They can also pace for antitachycardia and antibradycardia (including dual-chambers), deliver biphasic shocks at strengths of less than 1 to 42 J, and record activities of the heart during arrhythmic episodes.

 

パルス発生器は小型化され鎖骨下領域に移植でき、リードが経静脈的に心臓チャンバー内に留置できるため、移植手術は非常に単純化されています。

Since pulse generators are so small as to implant in the infraclavicular area and leads are placed transvenously in the cardial chambers, the implantation surgery has been very simplified.

 

ICDは心室性頻脈と心室細動と同様にショックを与えて心房細動を終わらせることが出来ます。

ICDs can deliver shocks to stop atrial fibrillation, as well as ventricular tachycardia and ventricular fibrillation.

 

両室型ICDは心不全がクラスIII又はIVに進行し、脚ブロック症状のある患者が使用可能です。

Biventricular ICDs can be used for patients who have advanced to class III or IV of heart failure and a bundle branch block.

 

心不全クラスIIIでは身体活動に顕著な制約が現れる。休息時は快適。通常以下の活動で疲労、動悸、呼吸困難が現れる。

Class III of heart failure ... Marked limitation of physical activity. Comfortable at rest. Less than ordinary activity causes fatigue, palpitation, or dyspnea.

心不全クラスIVではあらゆる身体活動で不快を感じる。休息時でも心不全の症状が現れる。身体活動で不快感が増す。

Class IV of heart failure ... Unable to carry on any physical activity without discomfort. Symptoms of heart failure at rest. If any physical activity is undertaken, discomfort increases.

 

単一リード型ICDのリードにはペーシングとセンシング電極と2本の除細動コイルを備えているものがあります。

ICDs having a single lead that contains a pacing-sensing electrode and two defibrillating coils can be used.

 

単一リード型のICDで除細動が適切に行えないときは皮下パッチ電極又は皮下アレーを使用することが出来ます。

If the single-lead type ICDs cannot adequately stop defibrillation, a subcutaneous patch electrode or subcutaneous array can be used. 

 

パルス発生器が電極として機能し、近位端にペーシングとセンシング電極を備え、遠位端に除細動コイル電極を備えたリードを右心室尖部に留置したICDも使用可能です。

ICDs having a pulse generator operates as an electrode and a lead that is placed at the right ventricular apex and that has a proximal pacing-sensing electrode and a distal defibrillating coil electrode can be also used.

 

ICDにおいて胸壁パッチ電極と右心室尖部、上大静脈、又は冠状静脈洞内の除細動電極を組み合わせて使用することも出来ます。

In ICDs, a chest wall patch electrode and defibrillating electrodes in the right ventricular apex, superior vena cava, or coronary sinus can be used in combinations.

 

両室型ICDを使用するときは、左心室のペーシングを行うためにリードは冠状静脈洞の分岐部に挿入されます。

For a biventricular ICD, a lead is inserted into a branch of the coronary sinus to pace left ventricle.

ICDのプログラミング

Programming of ICDs

 

ICDを適切にプログラムすることにより誤ったショックを患者に与え、患者の容態を悪化させることを防止することが出来ます。

To prevent patients from receiving inappropriate shocks and thus negative outcome, ICDs should be appropriately programmed.

 

ICDは埋め込み時除細動に必要なエネルギーを判定します。

When ICDs are implanted, the energy necessary to stop defibrillation is determined.

 

患者に心室性頻脈の発症歴がある場合は、抗頻脈ペーシングをプログラムしてこの疾患を止めることが出来ます。

If the patient has episodes of ventricular tachycardia, antitachycardia pacing should be programmed to stop this symptom.

 

段階療法対応のICDでは、2つの心室性頻脈領域と1つの心室細動領域を使用して、拍動の異なる心室性不整脈患者を療法することが出来ます。

Tiered-therapy type ICDs can use two ventricular tachycardia zones and one ventricular fibrillation zone to individually treat patients with ventricular arrhythmias that have different heartbeat rates.

 

2つの心室性頻脈領域それぞれで除細動閾値並びに抗不整脈ペーシング及び低又は高エネルギーショックの順序がプログラム可能です。

The defibrillation threshold and sequences of antitachycardia pacing and low-or high-energy shocks can be programmed for each of the two ventricular tachycardia zones.

 

心室細動領域は高エネルギーのショックが与えられる高拍動領域です。

The ventricular fibrillation zone is a high-heartbeat rate zone in which high-energy shocks are delivered.

 

プログラムの最適化を行うことにより患者の不快感を最小にし、不整脈による失神の恐れを減らし、パルス発生器の電池寿命を伸ばし、不適当なショックの発生を防止することが出来ます。

When ICDs are properly programed, patient discomfort can be minimized, the chance of syncope with an arrhythmia episode can be reduced, the battery life of the pulse generator can be prolonged, and inappropriate shocks can be prevented.