Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

Cardioversion and Defibrillation

ad

カルディオバージョンと細動除去

Keywords

アトロピン ... 徐脈治療薬 (atropine);

植込み型除細動器  (implantable cardioverter-defibrillator (ICD));

カルディオバージョン  ... 不整脈治療のために電気ショックを与えること  (cardioversion);

気道確保器具  (airway management device);

胸骨  (sternum);

経食道の  (transesophageal);

血栓塞栓症  (thromboembolism);

最大拍動点  (apical impulse);

細動除去  (defibrillation);

疾患洞不全症候群  (sick sinus syndrome);

上室性頻脈 ... 房室接合部より上の場所(心房側)で発生する頻脈  (supraventricular tachycardia (SVT));

静脈アクセス用カテーテル  (intravenous access catheter);

除細動器  (defibrillator);

徐脈  (bradycardia);

心筋  (myocardium);

心筋壊死  (myocardial necrosis);

心室  (ventricle);

心室機能不全  (ventricular dysfunction);

心室細動   (ventricular fibrillation (VF));

心室性頻脈 ... 心室内に起因し, 房室運動不調を伴う    (ventricular tachycardia (VT));

心停止  (asystole);

心房  (atrium);

心房興奮  (atrial stunning);

心房粗動  (atrial flutter);

前方後方配置法  (anteroposterior positioning);

前方頂点配置法  (anteroapical positioning);

代謝障害  (metabolic disturbance);

超音波心臓造影図  (echocardiogram);

中腋窩線 ... 腋窩を通る想像上の線; 体の長軸に平行に走り, 腹側と背側に分ける  (midaxillary line);

2相の  (biphasic);

肺水腫  (pulmonary edema);

不整脈  (arrhythmia);

麻酔  (anesthesia);

迷走放電  (vagal discharge);

肋間隙  (intercostal space)

****

メカニズム

Mechanisms

 

心臓に電気ショック与えて致死性不整脈を止める治療法が細動除去と呼び、頻脈性不整脈を止める治療法をカルディオバージョンと呼びます。

Defibrillation is a treatment for patients with fatal arrhythmias by applying an electric shock to the heart, whereas cardioversion is another treatment for those with tachycardiac arrhythmias. 

 

除細動器は2個のパドル型電極を介して電気ショックを心臓に与えます。

Defibrillators administer an electric shock to the heart through two paddle electrodes.

 

電気ショックにより心房又は心室の大きな領域を同時に分極することにより不整脈が起こらないようにします。

The electric shock simultaneously depolarizes large areas of the atria or ventricles to cause arrhythmias not to cause.

 

 

 

f:id:tpspi:20161201092336g:plain

credit:  Automatic electric defibrillator, Omron

 

カルディオバージョンはQRS波と同期した電気ショックを心臓に与えることにより上室性頻脈又は心室性頻脈を停止させます。

Cardioversion delivers an electric shock to the heart in synchronization with the QRS waves to stop supraventricular tachycardia or ventricular tachycardia.

 

細動除去はQRS波への同期無く電気ショックを心臓に与えて、心室細動を停止させます。

Defibrillation supplies an electric shock to the heart without necessity of synchronization with the QRS waves to stop ventricular fibrillation.

カルディオバージョンと細動除去の準備

Preparation for Cardioversion and Defibrillation

 

患者が予定のカルディオバージョン又は細動除去を受けるときは、治療前4から8時間は飲食は出来ません。

When the patient receives scheduled cardioversion or defibrillation, he or she needs to stop eating and driving four to eight hours before the treatment. 

 

静脈アクセス用カテーテルを患者の末梢静脈に留置します。さらに、酸素、吸引、及び気道確保器具を用意しておく必要があります。

An intravenous access catheter should be placed in a peripheral vein of the patient.  In addition, oxygen, suction, and airway management device should be readily available.

 

患者は経胸腔ショックに痛みを感じるため、患者には短時間作用する麻酔薬が投与されます。

Since transthoracic shocks cause the patients to suffer pain, short-acting anesthetic drugs are commonly administered to them. 

 

前方頂点配置では、一方のパドルは第二肋間隙のレベルで胸骨の右側に配置し、他方のパドルは中腋窩線で、最大拍動点の側方に配置します。

In the anteroapical positioning, one paddle is placed on the right of the sternum at the level of the second intercostal space, whereas the other paddle is placed at the midaxillary line, lateral to the apical impulse.

 

前方後方配置では、一方のパドルは胸骨の左側、第四肋間隙に配置し、他方のパドルは体の裏側で、脊髄の左側、前方パドルと同じレベルに配置します。

In the anteroposterior positioning, one paddle is placed on the left of the sternum at the fourth intercostal space, whereas the other paddle is placed posteriorly on the left of the spine, at the same level as the anterior paddle. 

 

カルディオバージョンと細動除去では、これら2個のパドルを使ったいずれの配置方法でもは成果は同様です。

These two-paddle positioning has similar outcomes both in cardioversion and defibrillation.

 

カルディオバージョンと細動除去の成果はショックの波形と強さにより大きく異なります。

Outcomes of cardioversion or defibrillation largely vary with the waveform and strength of the shock.

2相式除細動器は単相式除細動器より心筋にダメージを与えず少ないエネルギーで良好な成果が出ます。

Biphasic defibrillators are less damaged to the myocardium and have higher outcomes with lower energy than monophasic defibrillators.

 

パドルを強く当てる、患者が呼気時にショックを与える、及びショックを繰り返すことにより心臓に与えるにエネルギーを最大にすることが出来ます。

To maximize energy delivered to the heart, the paddles should be firmly pressed or shocks should be delivered during expiration or repetitively.

 

患者に代謝障害、長期の不整脈時間、アミオダロンなどの不整脈の治療薬の服用、及び/又は体重が80kg以上であるとカルディオバージョンや細動除去の効果が現れます。

Outcomes of cardioversion and defibrillation also depend on whether patients have metabolic disturbances, long arrhythmia duration, administration of antiarrhythmic drugs, and/or body weight in excess of 80 kg.

 

心房細動に対してカルディオバージョンを行うと血栓塞栓症を併発する場合があります。カルディオバージョンの前に3週間、心房細動が48時間以上あった場合はカルディオバージョンの後1ヶ月間抗凝血療法を行う必要があります。

When cardioversion is performed for patients with atrial fibrillation, they may have a complication of thromboembolism.  They should generally take anticoagulants for 3 weeks before cardioversion and for 1 month thereafter if they have had atrial fibrillation for 48 hours or longer.

 

経食道超音波心臓造影図に心房血栓が現れていないときは、カルディオバージョン前の3週間の抗血液凝固薬服用期間を短縮することが出来ます。しかし、過渡的な心房興奮による血栓の形成を防止するためカルディオバージョン後1ヶ月間抗凝血薬を服用する必要があります。

If no atrial thrombi are seen on a transesophageal echocardiogram, administration period of anticoagulants for 3 weeks before cardioversion can be shortened.  However, administration of anticoagulants for 1 month after cardioversion is still required to prevent thrombus formation secondary to transient atrial stunning.

適応症

Indications

 

カルディオバージョンや細動除去は心室細動、心室頻脈、心房細動、及び心房粗動の治療に最も一般的に使用されています。

Cardioversion and defibrillation are most commonly used to treat ventricular fibrillation, ventricular tachycardia, atrial fibrillation, and atrial flutter.

 

合併症

Complications

 

非同期のショックを心臓に与えると心室細動が起こることがあります。ショックがQRS波に同期していても、非常にまれな状況では、心室細動が起こることがあります。

When asynchronous shocks are delivered to the heart, ventricular fibrillation may occur.  Even if shocks in synchronization with the QRS waves, ventricular fibrillation may occur in very scarce situations.

 

カルディオバージョンにより過渡的にST波が上昇することがあります。

Cardioversion may cause ST waves transiently to rise. 

 

短時間に心臓に加えたショックのエネルギーの合計が425Jを超えると部分的に心筋壊死が起こる場合があります。

If total energy of shocks delivered to the heart in a short period becomes in excess of 425 J, myocardial necrosis may occur partly in the heart.

 

カルディオバージョンのまれな合併症として過渡的な左心室機能不全のため肺水腫が起こることがあります。

Patients treated with cardioversion may scarcely have a complication of pulmonary edema because the left ventricle temporarily does not function. 

 

カルディオバージョンにより迷走放電や潜在性疾患洞不全症候群が起こり、徐脈や心停止が起こる場合があります。

Cardioversion may result in vagal discharge or sick sinus syndrome that causes bradycardia or asystole.

この場合は、徐脈治療薬のアトロピンの服用または緊急経皮調律が必要な場合があります。

In this case, the patients need to occasionally take atropine, which is a bradycardia treatment drug, or emergency transcutaneous pacing.

 

ペースメーカ又は植込み型除細動器(ICD)を使用している患者では、ショック電極は可能な限りジェネレータから離す必要があり、その後それらの調律閾値を調整する必要があります。

If patients use a pacemaker or implantable cardioverter-defibrillator (ICD), the paddles should be placed as far from the generator as possible.  After that, their pacing threshold should be calibrated.