Indications and Complications of Permanent Pacemakers

ad

恒久型ペースメーカの適応症と合併症

恒久型ペースメーカを使用する前に症状と徐脈の関係を示す診断データが必要。

Before a permanent pacemaker is used, data indicating association between symptoms and bradycardia are required. 

 

Keywords

埋め込み処置  (implantation procedure);

運動不耐性 ... 運動不耐性とは患者が健常者とレベルや時間運動を行うことが出来ない状態、または運動後に重度の痛み、疲労、または他の好ましくない結果が現れる状態  (exercise intolerance);

合併症  (complication);

カルシウムチャネル遮断薬 ...   高血圧治療薬  (calcium-channel blocker);

気胸  (pneumothorax);

逆行性脱分極  (retrograde depolarization);

虚弱  (weakness);

継続治療  (follow-up treatment);

血栓症  (thrombosis);

恒久型ペースメーカ  (permanent pacemaker);

甲状腺機能低下症  (hypothyroidism);

抗不整脈薬  (antiarrhythmics);

鎖骨下静脈  (subclavian vein);

失神  (syncope);

心電図  (electrocardiogram);

心不全  (heart failure);

穿孔  (perforation);

適応症  (indication);

電解質障害  (electrolyte disturbance);

動悸  (palpitation);

びらん  (erosion);

β-アドレナリン遮断薬 ...  心血管疾患治療薬  (β-adrenergic blocker);

房室ブロック... 房室から心室への電気インパルスの伝導障害 (atrioventricular (AV) block);

めまい (dizziness, lightheadedness);

***

恒久型ペースメーカの適応症

Indications for a Permanent Pacemaker

 

一般的に、恒久型ペースメーカは徐脈症状の軽減や、徐脈患者の症状悪化の防止に使用されます。

Permanent pacemakers are generally used to palliate symptoms of bradycardia or to prevent symptoms from worsening for patients with symptomatic bradycardia.

 

ごくありふれた徐脈の症状として、めまい、失神、運動不耐性、及び心不全の症状が現れます。

Symptoms of bradycardia include dizziness, syncope, exercise intolerance, and symptoms of heart failure.

 

 

f:id:tpspi:20161128151825g:plain

credit:  Permanent pacemaker, Boston Scientific

これらの症状は特異的でないため、恒久型ペースメーカを使用する前に症状と徐脈の関係を示す診断データが必要です。

Since these symptoms are nonspecific, diagnostic data that indicate association between symptoms and bradycardia are required before a permanent pacemaker is used. 

完全房室ブロックにより患者の徐脈が持続する場合は、心電図でペースメーカの必要性を示すことが可能です。

If a patient has persistent bradycardia because of a complete AV block, his or her electrocardiogram may indicate necessity of a permanent pacemaker.

 

患者の徐脈が間欠的に起こるときは、恒久型ペースメーカの必要性を示す検査には24時間歩行モニター検査、連続ループ記録計、埋込み式イベントモニター、及び電気生理学試験などがあります。

For a patient with intermittent bradycardia, diagnostic tests that indicate necessity of a permanent pacemaker include 24-hour ambulatory monitoring test, continuous loop recorder test, implantable event monitoring test, and electrophysiology test. 

 

恒久型ペースメーカを使用する前に、症候性徐脈が検査結果から示されており、徐脈の他の原因が除外されている必要があります。

Before a permanent pacemaker is used for a patient, causes of the bradycardia should have been excluded and test result that the patient has taken should indicate necessity of the pacemaker.

 

症候性徐脈の改善可能な原因には甲状腺機能低下症、電解質障害、及び一部薬剤の摂取、例えば、β-アドレナリン遮断薬、カルシウムチャネル遮断薬、及び抗不整脈薬などがあります。

Causes of symptomatic bradycardia include hypothyroidism, electrolyte disturbances, and several medications such as β-adrenergic blockers, calcium-channel blockers, and antiarrhythmics. 

恒久型ペースメーカの合併症

Complications of Permanent Pacemakers

 

ペースメーカの埋め込み手術で合併症が起こることがありますが、発症率は2%未満です。合併症には気胸、心房又は心室の穿孔、リードの移動、感染、ペースメーカのポケットのびらんがあります。

Complications occur in less than 2% of patients who have implantation procedure of permanent pacemakers.  The complications include pneumothorax, perforation of the atrium or ventricle, lead dislodgement, infection, and erosion of the pacemaker pocket.

 

鎖骨下静脈の血栓症は患者の10から20%で起こり、複数のリードが使用されているときは発症率は増加します。この合併症はほとんど自覚症状がありません。

10 to 20% of patients have thrombosis of subclavian vein.  This complication increases for those who have  permanent pacemakers using multiple leads and is often asymptomatic.

 

DDDペースメーカにおいて、心房リードが心室心房伝導により逆行性脱分極を検知した場合は、頻脈が起こります。

When pacemaker operates in DDD pacing mode, if the atrial lead senses retrograde depolarizations because of ventriculoatrial conduction, tachycardia may occur as a complication.  This tachycardia is referred to as pacemaker-mediated tachycardia.

 

この結果、脈拍はペースメーカの上限値に等しくなります。

As a result, the heatbeats of the patient become as rapid as the upper limit of the pacemaker.

 

ペースメーカによる頻脈は心室心房後不応期を長くするなど、ペースメーカのプログラムを再設定することにより防止出来ます。

Pacemaker-mediated tachycardia can be prevented by reprogramming the pacemaker, for example, enlarging postventriculoatrial refractory period.

 

洞結節疾患のためのジュアルチャンバー式ペースメーカを使用した患者は将来心房細動を発症するリスクがあります。

If patients use dual-chamber pacemakers for treatment of sinus node disease, they are at risk of future atrial fibrillation.

ジュアルチャンバー式ペースメーカの心室の調律を最低にすれば心房細動のリスクが40%低下すると言われています。

If ventricular pacing of the dual-chamber pacemakers is minimized, the risk of atrial fibrillation is said to be reduced by 40%.

 

ペースメーカの心室調律時における心房心室の同期性が失われることによる症状として虚弱、めまい、運動不耐性、又は動悸が起こることがあります。

Symptoms caused by the absence of AV synchronism during ventricular pacing of pacemaker include weakness, lightheadedness, exercise intolerance, and palpitations.

 

これらの症状はDDDモードの調律により心房心室の同期を回復するか、心房心室伝導がある場合はAAIモードの調律により、症状を改善させます。

These symptoms can be alleviated by settings of pacemakers.  AV synchronism can be restored in DDD pacing mode or if AV conduction remains intact, in AAI pacing mode.

 

ペースメーカ埋込後の長期の継続治療において対応しなければならない問題として、調律の失敗、検知の失敗、および調律心拍数の変化があります。

Problems that are likely to occur during long-term follow-up treatment after pacemaker implantation include failure to pace, failure to sense, and changes in the pacing rate.

 

これらの問題はプログラミング設定ミス、リードの破損、絶縁の劣化、ジェネレータの誤作動、又はバッテリーの消耗により発生することがあります。

Causes of these problems include programming mistakes, lead breakage, insulation failure, generator malfunction, and dead battery.