Prevention of Colorectal Cancers

ad

大腸癌の予防

Keywords

家族性腺腫性ポリポーシス familial adenomatous polyposis (FAP);シクロオキシゲナーゼ cyclooxygenase;スリンダク sulindac;腺腫 adenoma;大腸癌 colorectal cancer;非ステロイド抗炎症薬 nonsteroidal anti-inflammatory drug (NSAID);プロスタグランジン prostaglandin

**** 

大腸癌はライフスタイルを改善することにより防止可能である。

Colorectal cancers may be preventable through lifestyle modification.

 

薬剤による予防

Prevention with Medications

 

アスピリンなどの非ステロイド抗炎症薬はシクロオキシゲナーゼやその後のプロスタグランジンの産生を抑制することにより、腺腫の成長の抑制と癌化の防止が期待されています。

Since nonsteroidal anti-inflammatory drugs (NSAIDs) such as aspirin inactivate cyclooxygenase and subsequently produce prostaglandin, they are expected to suppress growing of adenomas and prevent them from becoming cancerous.

f:id:tpspi:20161112145042j:plain

***

プロスタグランジンは細胞を増殖させ腫瘍を成長させます。

Prostaglandin E2 causes cells to proliferate and tumors to grow.

 

非ステロイド抗炎症薬のスリンダクは腺腫の退縮させ、家族性腺腫性ポリポーシス症患者の新たな腺腫の形成を抑制します。

Sulindac, which is an NSAID, subsides existing adenomas and prevents new adenomas from growing in patients with familial adenomatous polyposis (FAP).

 

最近の研究から非ステロイド抗炎症薬を常用している人は大腸癌の罹患率が低減していることが判明しています。

Data from recent researches show that colorectal cancer rates have decreased in patients who regularly take NSAIDs.

 

アスピリンの無作為試験から得られたデータからアスピリンを毎日75mg以上服用して5年以上継続すると、腺腫の再発が20から40%低減し、大腸癌の発症が70%低減していることが判明しています。

Data obtained from randomized trials of aspirin shows that recurrence of adenomas decreases by 20 to 40% and that incidence of colorectal cancers decreases by 70% when patients daily take at least 75 mg of aspirin for 5 or more years.

 

カルシウムを1200mg/日補給すると、腺腫の異時性発症率が20%減少することが判明しています。

Data suggest that when calcium is supplemented for 1200 mg/day, incidence of metachronous adenomas decreases by 20%.

 

現在、腺腫発症防止にアスピリンとカルシュウムの日常的な服用は推奨されていませんが、患者個別に服用が検討される場合があります。

Although individuals are not recommended to regularly take aspirin and calcium for prevention of incidence of adenomas, these medications may be considered on an individual basis.

ライフスタイル改善による予防

Prevention with Liefstyle Modification

 

これまでの研究から大腸癌と肥満、喫煙、運動不足、アルコールの過剰摂取、不健康な食事との相関関係があることが判明しています。

Researches have shown that there are correlations between colorectal cancer and obesity, smoking, lack of exercise, excessive alcohol use, and unhealthy diet.

 

従って、ライフスタイルを変えることにより大腸癌に掛かるリスクが低下する可能性があります。

Thus, lifestyle modifications are likely to decrease risk of incidence of colorectal cancers.